LINE社長を辞めてゼロから挑戦する理由~森川亮氏 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE顧問・森川亮氏
あすか会議2015
第7部 全体会「飽くなき挑戦の先に目指すもの~LINE社長を辞めてゼロから挑戦する理由~」

日本テレビ、ソニーを経て、ハンゲーム・ジャパンに入社し、LINEを世界5億人を超えるユーザーを持つサービスに育て上げた森川亮氏。2015年春にはLINE社長を辞して、新たな動画メディア「C Channel」を創業。「成功したら、捨てる」「新しいことしかやりたくない」と語る森川氏の原動力は何か。飽くなき挑戦の果てに何を目指すのか。ビジネスリーダーを目指すグロービス生に贈るメッセージ(視聴時間29分30秒)。

森川 亮氏
C Channel株式会社 代表取締役社長
LINE株式会社 顧問
荒木 博行 ( モデレーター )
グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

【ポイント】
・森川氏の「シンプルに考える」セオリーはいつ生み出されたのか?(10:20)

・著書『シンプルに考える』への予想しなかった反応は?(15:15)

・「トップリーダー」として大切にしていることとは?(17:20)
 
・モチベーションをどのように維持しているか?(17:50)
 
・「エコシステム・顧客」についてどのように考えているか?(18:20)

・今後のビジョンは?(21:45)

・いいチームを作る上での「採用方法」とは?(22:10)

・「オンライン」と「オフライン(対面)」のコミュニケーションの違いとは?(25:40)

・社長としての「意思決定の判断軸」は?(26:45)

・なぜ、「LINE」の中で「C Channel」を立ち上げなかったのか?(27:25)

(肩書きは2015年7月5日登壇当時のもの)

名言

PAGE
TOP