少子化対策は、女性にのみ責任を負わせる政策ではいけない(三村・日商会頭)~G1サミット予告編 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三村 明夫/新日鐵住金株式会社 相談役名誉会長 日本商工会議所 会頭 
石黒 不二代/ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
予告編 G1サミット2015
第3部 全体会 「選択する未来~人口減を食い止め継続的に成長する方法とは~」

2008年をピークに人口減少に転じた日本は、これから本格的な人口減少社会・超高齢化社会に直面する。その中、「人口1億人を維持する」方針が、「選択する未来委員会」から提示された。人口減少社会を食い止め、継続的に成長するためには、出生率の向上、さらには移民の検討が大きな課題となるであろう。「選択する未来」委員会の会長を務めた三村明夫氏、同委員の石黒不二代氏の議論の抜粋をお届けする(肩書きは2015年3月20日登壇当時のもの。視聴時間2分09秒)。

関連映像はこちらから
Part1 安倍政権は、社会保障を老人から若者へシフトする最後のチャンス
Part2 少子化対策――第三子に1000万円!? そして「男性の働き方」を変える

名言

PAGE
TOP