ダイバーシティは成長戦略、男女共通の業務効率アップがカギ 「2020年30%」に向けて~女性のさらなる活躍推進 参議院議員・森氏×G&S Global Advisors・橘氏×キリン・西村氏(G1経営者会議2014) 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
G1経営者会議2014
第3部 分科会C  「『2020年30%』に向けて ~女性のさらなる活躍推進~」

安倍内閣は女性の活躍推進を、その成長戦略の中核と位置づけ、「女性が輝く日本」に向けて、「待機児童の解消」「職場復帰・再就職の支援」「女性役員・管理職の増加」を進めている。しかし、日本の上場企業の女性取締役比率は1.2%にとどまり、WEFによるジェンダーギャップ指数ランキングは世界105位まで低下するなど、実現に向けて多くの課題が残されている。「2020年30%」の実現に向けて、企業の果たすべき役割を議論する(肩書は2014年11月3日登壇当時のもの。視聴時間1時間17分23秒)。

橘 フクシマ 咲江氏
G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長
西村 慶介氏
キリンホールディングス株式会社 常務取締役
森 雅子氏
参議院議員
岡島 悦子氏(モデレーター)
株式会社プロノバ 代表取締役社長

名言

PAGE
TOP