作家・樹林 伸氏×DeNA・守安 功氏 マンガボックスに見るコンテンツビジネスの未来(G1ベンチャー2014) 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1ベンチャー2014
第7部 全体会 「マンガボックスに見るコンテンツビジネスの未来」

2013年12月のサービス開始からわずか3か月で、300万ダウンロードを記録した「マンガボックス」。人気上位作品は約100万人の継続読者をかかえるなど、早くも紙媒体に並ぶボリュームになりつつある。完全無料で、英語・中国語にも対応しグローバルに展開する「マンガボックス」は、国内市場のカンフルとしてのみならず、日本のマンガをグローバルに発信する切り札として、大きな注目を集めている。今後の収益化と事業成長シナリオをどのように描くのか。コンテンツビジネスはどのように変容するのか。マンガボックス編集長を務める樹林伸氏、サービス展開するDeNA守安社長をパネリストに迎え、マンガHONZ代表を務める堀江貴文氏と共に議論するマンガボックスの次なる戦略とコンテンツビジネスの未来。

樹林 伸氏
作家
守安 功氏
株式会社ディー・エヌ・エー
代表取締役社長兼CEO
堀江 貴文氏( モデレーター )
SNS株式会社 ファウンダー

名言

PAGE
TOP