Part2/4 ポジティブドリームパーソンズの戦略〜ウェディング事業から感動創出企業への進化 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポジティブドリームパーソンズの挑戦 
~ウェディング事業から感動創出企業への進化

1997年にレストランウェディングのプロデュース事業で設立されたポジティブドリームパーソンズ(以下PDP)は、15年後の現在ではホテル、レストラン、ウェディング施設、宴席場の運営やイベント企画、フラワー、そしてコンサルティングを提供する"感動創出企業"として、社員数450名超、100億円強の売上を誇る。創業時から現在に至るまでのPDPの戦略の変化、将来目指す方向性を創業社長である杉元崇将氏が語る。杉元氏は、グロービス経営大学院の卒業生(MBA)であるとともに、社会の価値向上に貢献しているビジネスリーダーに学校から贈られる"2012年アルムナイアワード"も受賞している。(肩書は2013年2月1日登壇当時のもの)

スピーカー:杉元崇将氏  
株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役社長

・子供のころから、「商売」は身近にあった(1:30)
・20代は目の前の仕事より、起業するために、大企業、会社再建、企業立ち上げを順に経験(4:00)
・自分で自分を経営していくと自覚し、ライフミッションを設定(8:30)
・自分を「どう見せたいか」ではなく、「どう見られたいか」(8:30)
・信頼を得るため、まずは目の前のことを愚直に楽しむ、しかし逆算する(12:45)

杉元崇将氏 | Takamasa Sugimoto

株式会社ポジティブドリームパーソンズ 
代表取締役社長

1967年生まれ、福岡県出身。
1989年に株式会社イトーキに入社。オフィススペース全体の空間設計や、CI(コーポレートアイデンティティ)に伴うオフィス移転プロジェクトなどに多数参画。1995年に大手ウエディングベンチャー企業に入社後、1997年にウェディングプロデュースを中心とした同社を設立。現在に至る。
現在では「ブライダル業」から「感動プロデュース企業」への転換を目指し、現在450人の社員を牽引している。

名言

PAGE
TOP