Part4/4 オムロン 作田会長 グローバル競争社会における理念経営の実践 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムロン株式会社 作田久男会長 グローバル競争社会における理念経営の実践 Part 4/4 (動画・対談/質疑応答)

グローバル化を余儀なく求められている日本企業にとって、企業の基軸となる「経営理念」のマネジメントおよび率先垂範する人材の育成が重要になっている。2003年に創業家以外から初めて社長に就任したオムロンの作田久男氏は、経営の舵取りをしながら、創業以来受け継がれている企業理念を世界中に浸透させるべく尽力してきた。事業成長の要となる理念経営のあり方や、組織全体に向けた理念浸透の具体的な取り組み、それらを支えるリーダーの役割やその育成について作田氏が語った。(肩書は2012年10月17日登壇当時のもの)

スピーカー:
作田久男 オムロン株式会社 取締役会長
芹沢宗一郎 グロービス・エグゼクティブ・スクール マネジング・ディレクター

・地域により社会的価値が異なるとき、社内でコンフリクトが起きないか(00:37)
・海外での議論において、答えに窮した質問は(5:10)
・どのような観点で海外で人材を選び採用しているか(9:15)
・企業理念は時代と共に変えていくべきものか(15:20)
・オムロンはどこから来て、どこへ向かうのか(17:00)
・オムロンという枠を超え、社会に対して何を成し遂げたいか、その原動力は?(23:20)
・企業理念の有り様、浸透、実践はどれを一番重視しているか(25:45)

名言

PAGE
TOP