Part3/4 加藤嘉一氏×堀義人 如何にしてリーダーを輩出するか  視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グロービス特別セミナー
加藤嘉一氏×堀義人 セミナー in 上海 ~中国のリーダ-、日本のリーダー 如何にしてリーダーを輩出するか Part3

世界の経済成長と立役者として影響力が高まる中国に対し、日本は現在政治、経済面で世界においてどのようなポジションを構築すべきかを模索している。しかしながら両国は、これまで多くの著名な政治リーダーを輩出してきた中国、世界規模の数多くの優良企業を生み出してきた日本として、今後のアジア、そして世界を牽引する重要な役割を担っている。急速に変化する環境においては、どのようなリーダーが指揮をとって未来を創っていくかは重要なテーマとなる。中国、日本のメディアを通じて、多くの問題提起、発信されている加藤嘉一氏とグロービス代表の堀義人の上海でのスピーチ・対談を4回連載。Part3では対談を収録(肩書は2012年5月24日登壇当時のもの。視聴時間:29分02秒)

スピーカー
加藤嘉一  北京大学研究員
堀義人   グロービス経営大学院 学長

・リーダーを育成に必要なのは、「教育」「経験」「試練」(堀)(2:00)
・日本の政治家は「教育」「経験」不足(堀)(4:30)
・リーダーシップをいかに養うか、という議論は中国ではない(加藤)(8:00)
・日本はリーダーに頭の良さよりも人徳のほうが重要(堀)(11:00)
・中国ではリーダーの評価は結果重視、アメリカに近い(加藤)(12:30)
・日中がアメリカの高等教育を参考にすべき(堀)(15:20)
・アメリカの高等教育は、正解のないものに最善の解をもとめる(堀)(15:20)
・日本の"読み書きそろばん"の初・中等教育は優れている(堀)(18:00)
・中国は"変人"ウェルカム、変わった人間の力で社会変革する機運がある(加藤)(22:00)
・日本はある一定レベル以上目立つと"変人"は叩かれる(堀)(24:00)
・成功も失敗も許さないのが今の日本(堀)(26:00)
・中国は失敗に寛容、成功も受け入れられやすい(加藤)(27:30)

プロフィール
加藤 嘉一
英フィナンシャルタイムズ中国語版コラムニスト
北京大学研究員
慶応義塾大学SFC研究所上席所員

1984年静岡県生まれ。2003年高校卒業後単身で北京大学留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。英フィナンシャルタイムズ中国語版コラムニスト、北京大学研究員、慶応義塾大学SFC研究所上席所員、香港フェニックステレビコメンテーター。年間300以上の取材を受け、200本以上のコラムを書く。香港系フェニックスニューメディア(鳳凰網)における自身のブログは2008年3月開設後、3カ月で500万、半年で1000万アクセス、現在5500万アクセスを突破。中国での単著に『愛国奴』、『中国的邏輯』、『从伊豆到北京有多遠』、『中国、我誤解イ尓了口馬?』などがある。2010年、中国の発展に貢献した人に贈られる「時代騎士賞」受賞。2011年には日本でも『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』などを出版。

堀義人
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP))設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任し、自ら「企業家リーダーシップ」科目の講師として教 をとる。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur'sOrganization 現EO)日本初代会長、YEO アジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders 日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。現在、経済同友会幹事、日本プライベート・エクイティ協会理事を務める。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP 研究所)、『吾人(ごじん)の任務』(東洋経済新報社)、『人生の座標軸』(講談社)、『ケースで学ぶ起業戦略』(日経BP社)、『ベンチャー経営革命』(日経BP社)等がある。

名言

PAGE
TOP