次世代リーダーに必要なビジネススキル特集 動画3選 

知見録ウィークエンド・アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で活躍し、やりたいことを実現していくために、今、身につけるべきビジネススキルとは? 旧弊を打破し、新たな価値を創造して世界で活躍するリーダーたちが伝授する、ビジネスで成功するために必要な3 つのスキル。

人を動かす「コミュニケーション術」

コミュニケーションとは「生き抜くための力」。言語/非言語にかかわらず、意図したかどうかにかかわらず、発せられたメッセージは相手に伝わり、作用する。想いを形にするためのコミュニケーションとは何か。政治・企業経営・コンサルティングの領域で活躍するキーパーソンと国際ネゴシエーターとして世界で活躍する島田久仁彦氏が議論する(視聴時間1時間17分59秒/あすか会議2015)。

鈴木 康友氏(浜松市長) 田中 慎一氏(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社 代表取締役社長) 平手 晴彦氏(武田薬品工業株式会社 コーポレート・オフィサー コーポレートコミュニケーションズ&パブリックアフェアーズオフィサー) 島田 久仁彦氏(KS International Strategies 代表取締役社長)

『ハゲタカ』に学ぶ「経営と交渉術」

2004年の刊行以来、累計195万部を超えるベストセラーとなり、経済小説の金字塔となった「ハゲタカ」シリーズ。企業買収者である主人公・鷲津雅彦の仕掛ける企業買収劇は、資本主義のシビアな競争と人間の本質をあぶり出した。勝つことこそが至上命題となるビジネスにおいて、勝者となるために必要なことは何か。「ハゲタカ」をケーススタディに考える経営と交渉術(視聴時間1時間14分58秒/あすか会議2015)。

真山 仁氏(小説家) 岡島 悦子氏 (株式会社プロノバ 代表取締役社長)

たった一度の人生を変えるための「勉強術」

工業社会から情報社会へ、画一化から多様化へ――世界が大きなパラダイムチェンジを迎える中、「正解を探す」のではなく、「答えを創り出す」ことが求められている。リクルートで自ら創設したフェロー制度の第一号となり、杉並区立和田中学校 元校長を経て、ボーダーレスに社会変革を仕掛ける藤原和博氏。正解主義・前例主義・事なかれ主義を壊し、正解のない時代を生き抜くための勉強法を伝授する(視聴時間1時間10分21秒/あすか会議2015)。

藤原 和博氏(教育改革実践家/杉並区立和田中学校元校長/元リクルート社フェロー)

※各登壇者の肩書きはセッション開催当時のものです

名言

PAGE
TOP