MBA経営辞書「NOPAT」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NOPAT(Netoperatingprofitaftertax)

税引後営業利益のこと。株主と債権者に帰属する利益で、以下の式で簡便に計算できる。
NOPAT=営業利益×(1−実効税率)
あるいは
NOPAT=EBIT×(1−実効税率)

NOPATは管理会計の重要な指標であるEVA(EconomicValueAdded)を計算する際にも登場する。EVAはNOPATを用いて以下のように計算される。

EVA=NOPAT−CE(使用資本)×WACC

WACCは使用資本の加重平均コストすなわち資本コストである。

ちなみに、この両辺を使用資本(CE)で割ると、以下となる。

EVA/CE=ROIC−WACC

このROIC−WACCをEVAスプレッドという。つまり、EVAをプラスにすることと、ROIC−WACC(EVAスプレッド)をプラスにすることは、額と率の差を除けば、基本的に同じ意味を持つ。いずれも、企業は単に黒字を出すだけではだめで、ハードルレートであるWACC以上の利益を本業から上げる必要性があることを意味している。

NOPATは先述したように、簡便的には営業利益もしくはEBITに(1−実効税率)を掛けて求めることができるが、EVAの登録商標を持つスターン・スチュワート社は、オペレーティングリースにかかわる調整、研究開発費と広告費の資本化に伴う調整、税金のキャッシュ調整などより精密にNOPATを求める。

たとえば、オペレーティングリースに関する調整では、B/Sには現れず(オフバランスされ)営業費用などとなっているリース費用等を、オンバランスにすることで減価償却費と支払利息につけかえるといった調整を行う。

名言

PAGE
TOP