MBA経営辞書「CAGEモデル」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAGEモデル(CAGEDistanceFramework)

ゲマワット教授が提唱した、地域の固有性や、他地域との隔たりを理解する際の枠組み。CAGEとは、文化的(Cultural)、政治的(Administrative)、地理的(Geographical)、経済的(Economical)の略である。

・Cultural(文化的隔たり):言語、民族性、宗教、主義など
・Administrative:(制度的・政治的隔たり):法律、政策、政治的友好関係、経済協定、通貨など
・Geographical(地理的隔たり):地理的な距離、時差、気候差、交通や通信のインフラの整備など
・Economical(経済的隔たり):労働力、労働コスト、国民1人当たりの所得、生産性など

国によってどの要素を重視すべきかは異なる。たとえば中国であれば、そこでのビジネス展開では、Aの要素を重視しなくてはならない。あるいは昨今、コストダウンのために生産の海外移転が進んでいるが、Eの視点だけに囚われると失敗しやすい。CやGの視点が必須である。

名言

PAGE
TOP