じつは、金利がけっこう下がれば、財政政策は必要ない!? ―財政政策と金融政策の違いとは 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不況のときに行う積極的な財政政策は、別名『ケインズ政策』とも呼ばれていて*1、それが効果的なこともある*2半面、」

大学生のケンジは、前節の内容をアタマのなかで整理しながら、質問する。

「超絶的な賢人たちが清廉な動機と驚くべき洞察力をもってやらないと*3、効果が少なくなったり、逆に不公平になるかもしれないってことはよくわかったのですが*4、ほかにいい方法もあるって聞きましたけど、それって何ですか?」

経済学のレクチャーのしがいのある大学生だなケンジくんは。そう感心しながらガイド役を買ってでている末席研究員は答える。

「じつは、政府がおカネを使うのではなく、私たちみんながおカネを借りやすいようにすればいいのではないか、というアイデアです!」

ケンジの叔父である嶋野主任研究員は「うん、うん」と頷いているが、肝心のケンジの頭のなかは、疑問符でいっぱいだ。

ケンジは続けて質問する。

*1: 有効需要を生み出す投資や消費をする人が少なくて、景気が後退した場合、国や行政府が財政政策を行って、有効需要を生み出すべき、という方法論で、ケインズが先駆けて提唱した。詳しくは、第18回を参照
*2: 有効需要は、乗数効果を産んで波及する。詳しくは、第19回を参照
*3: たとえば、ケインズが育った、ケンブリッジ大学のあるハーベイ・ロード界隈に集まるような気鋭の碩学たちが、私心なく理想的に財政政策を行うという状況を指す。詳しくは、第20回を参照
*4: これがいわゆる「ハーベイ・ロードの前提」と言われるもの。それは理想的かもしれないが、かなりハードルが高いのではないか、という含意が込められてもいる。詳しくは第20回を参照

おカネを借りやすくなると「借金のコスト」が下がる

「え? おカネを借りやすくすれば、なぜ景気を刺激することができるんでしょうか?」

いい質問だ、ここでじつは理解できていないのに理解できている風を装う学生も多いというのに。末席はケンジの素直さをあらためて好感した。

「いい質問ですね! おカネを借りやすい状況というのは、政策金利という、すべての大もとになる金利を低くすることで可能になるのですが、これは、当然ですが、みんなに対して平等に行われます」

テレビで見た池上彰氏のモノマネがイマイチすべっている末席研究員のことなど、いつものようにまるで気にも止めない嶋野主任は、大好きな金利の話が出てきたことに、もうガマンができないとばかりに話を引き継いで甥のケンジに説明する。

「金利を低く、つまりおカネを借りるときのコストを安く設定すると、『勝算あり! おカネを借りて大儲けして返してやるぜ』と思っている自信家から先を争っておカネを借りるようになる」

あれ、いきなりトークを盗られた? 嶋野をチラ見しながら、とられたトークを末席も必死で奪い返す。

「もし、おカネを借りても儲けて返せると思っている自信家が、尻込みしてしまう人よりも事業が成功する確率が総じて高そうであれば、世の中の景気はよい方向に向かうかもしれませんね。また、住宅ローンの金利の高さに悩んでいた人は、その人にとって金利が十分に低くなったら、マイホーム購入の決心を固めるかもしれない」

ケンジは、ぱっちりと目を開いた。

「なるほど。政府が支出するかわりに、市場に関わるみんながおカネを使いやすいようにするのですね。たしかにそうですね、そういう「経済を率先して元気にしてくれそうな人」をいちいち政府がチェックして事業とか正確に発注していくのは超絶的な賢人たちでもなかなかできないとすれば*5、これは効率的かもしれませんね」
効率的という、経済学者が聞くと思わずホクホクしてしまうキーワードをついに使い始めた甥を、うっとりと眺めながら主任は応える。

「まさに効率的。しかもそれは、自由市場の掟とも非常に相性がいい。見込みのありそうな事業だと自信がある人たちが、自発的な競争で事業に取り組みやすくして、成果が十分に上がったら、経済はいい感じになりえる。そして、それは乗数効果を繰り返し、好景気を演出するかもしれない*6。それは普通の経済学者なら、おもわずうっとりしてしまう好ましさなんだ」

*5: 前出の「ハーベイ・ロードの前提」が想定しにくいならば、ということ
*6: 世間でいうところの、好循環のスパイラルが回った状態

事業に取り組む人が多いほど、乗数効果は期待できる

またしてもトーク泥棒? 末席は、またも奪還を試みる。

「カミは自ら助ける者を助く、じゃないですが、カネがそれまで我慢していた人の、自発的に事業を展開する可能性を広げて助けてくれるわけですから、気分もいいですよね!」

いや、でも、と注意深い性格でもあるケンジは、疑問を呈する。
「でも、自信満々の人が事業をやって、いっぱい失敗しちゃった場合は、マズいのでは・・・」

「事業それ自体の乗数効果も期待できるので、経済全体で見れば、やる人が多いほうがいいんです」
嶋野は、この話題では、隙あらば徹底して横取りを狙っているように答える。誰かが発言することがあらかじめ決まっているわけでなく、自信があるほうが率先して早く答えるルールなんだと言わんばかりに。

末席ももちろん自信はあるため、負けてはいられない。
「また、金利が低いと、失敗した時でも傷が比較的浅くて済むんです」

ケンジは嬉しそうに聞いてみる。
「じゃあ、もう、それでいいじゃないですか。それ、誰がどうやってやるんですか?」

嶋野が、早押しボタンを押すかのように答える。
「中央銀行が政策金利をミーティングで決定して*7発表し、その金利になるように市場に出回るおカネの量を調整します」
末席も、心の早押しボタンを連打して、それにかぶせて補足する。
「それが、金融政策と呼ばれるものなんですね! 財政政策と双璧をなす経済政策なんです*8。金融政策の発表を共有することで、みんながおカネを借りやすい、使いやすい状況になったんだということが、みんなで確認できる。これは、相手のある取引の時などには嬉しい追い風になる」

*7: たとえば日本銀行においては「金融政策決定会合」が行われる。その決定はニュース等で速報され、株価や為替など経済情勢に大きな影響を与える
*8:国の経済政策には、大きくは、財政政策、金融政策という2つの手段がある。マクロ経済学の教科書を参照

金融政策のメリットは税金を使わないところ

嶋野も応酬する。
「そして、財政政策と違った、金融政策のいいところは、税金を使わないこところ」

末席も必死に食らいつく。
「景気を刺激したければ、金利を下げておカネを借りやすくすればよい。それは税金増の憂いなくできる。今日、財政政策よりも先んじて金融政策が検討されるのには、そういった事情があります*9。逆に、もし景気が加熱しすぎだと判断すれば、金利を高めに設定すればいい。おカネが借りにくくなるので、景気加熱をクールダウンさせる効果があります」

ケンジは、このコンビのトークの応酬に戸惑いながらも、懸命にカットインしてみる。
「たったそれだけ? じゃあもう、これでみんながハッピーに暮らせるんですね」

おお、やはり我が甥は、心やさしい。嶋野は顔をほころばせながら、慎重さをようやく装いつつ言う。
「ざっくりいえばそうなる。ただ、金融政策は財政政策に比べて、ちょっとヨワいところもあるんだよ」

「えー、こんどこそ、みんなが幸せになれると思ってたのに・・・」
そうガッカリしているケンジを見て、シメまで嶋野に盗られた末席はガッカリを共有した。

*9:いわゆる「ニューケインジアン」と呼ばれるエコノミストたちは、景気対策としては可能な限り金融政策を優先させるべき、と考える傾向にある

名言

PAGE
TOP