じつは、財政政策は万能とはほど遠い? ―ケインズへの反論1 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不況のときには*1、ケインズは、国や行政府がおカネを使って*2、世の中全体のおカネを増やすことができると言っていて*3」
大学生のケンジは一生懸命、前節の内容をアタマのなかでまとめている。
「実際にそのケインズ政策で景気後退に歯止めを掛けられたことはわかりましたが*4、じゃあ、もう僕らは大丈夫なんでしょうか*5」

ケンジの疑問に、経済学ガイドを買って出ている末席研究員が応じる。
「景気が順調なときは、まあとりあえず無策でもあまり問題ないとして*6、不景気になったらケインズ政策(財政政策)で急場をしのぐことができて、それでもう経済的に不幸な状況にはなりにくいのであれば、もう世界経済は安泰なのではないか*7、ということをケンジくんは言ってるんですね」

ケンジはまんざらでもない顔をしている。甥のケンジにつられて、まんざらでもない顔になった叔父の嶋野主任研究員が答える。
「まあ、でも実際は、そんなに単純じゃないよね」

*1: いわゆるGDP成長が芳しくない状態。失業などが引き起こされる
*2: いわゆる財政出動。公共に必要なものを作るという目的に加えて、財政政策によって有効需要を実際に創りだす意義を重要視する
*3: いわゆる乗数効果。財政支出は拠出額以上の効果をマクロ経済に与える。くわしくは前号を参照
*4: 世界恐慌に対応するため米国が取った施策(ニューディール政策)などは有名
*5: ケインズへの評価は、80年を経た今であっても、経済学を巡る最重要のトピックのひとつであり続けている。例えば、Paul Krugman,“Mr Keynes and the moderns,”June 21, 2011,Centre for Economic Policy Research,に2014年1月1日アクセス
*6: 現実には景気加熱抑制などは行う
*7: このことが皮肉にも「ケインズは死んだ」と表現されることがある

ケインズ政策で景気がよくなる条件とは

ケンジは嶋野の表情と発言内容のギャップに驚きながら訊ねる。
「えっ、まだ平和は訪れないってこと?どうして?だって、ケインズ政策は世の中の景気を良くするんですよね、不景気で困ったら、それやればいいんですよね。でも、そうじゃないんですか?」

末席は理解のための助け舟を出す。
「だいたいはそれでなんとかなるんですけど、でも乗数効果が効果的に働くためにはいろいろ前提条件が必要なんですよ」

より高度な議論への進展に、ケンジは戸惑いを隠せずにいる。嶋野はそれにつられて戸惑いながらフォローする。
「まずは、汚職などヘンな使い方をしないことがあるよね」

ケンジは頷きながら納得する。
「たしかに、使っているようでちゃんと使っていないならば、おカネはみんなに回っていきそうにないですね」

それを承けて、末席も応じる。
「早い話が、役人が職務的に清廉であるという条件ですね。これは『ハーヴェイ・ロードの前提』*8ともいわれるものです」
「うーん・・・。たしかに。でも、みんなのために何が必要なのか、またそれが適切かどうかを判断するのって、すごく難しい気も・・・」
ケンジは唸りながら疑問をぶつける。

なかなか鋭い疑問だな、と感心しながら、末席がそれを受けて応える。
「実際、なかなか難しいですよね。悪意があるのは論外だとしても、心が清廉な人が結果的に間違ってしまう場合もありえるわけですから。ですので、ここではつまり、完全に合理的な人間が判断し決定する必要があるわけです。はたしてそれが可能かどうか。また、どの程度まで可能なのか」

*8: イギリスの知識階級が集まるケンブリッジのハーヴェイ・ロード6番地にちなんで経済学者ロイ・ハロッドが名づけたもの。ケインズはケンブリッジで知的研鑽をし、有効需要の理論など多くの着想を得たといわれるが、乗数効果が上手く働くためには、財政政策は(ハーヴェイ・ロードの住人たちのような)俗世を離れるほどの特権的知識階級の賢人たちによって合理的に差配される必要性があることを含意した、絶妙な表現となっている

ケインズ政策は共産主義的か

嶋野も、丁寧に捕捉をしながらもザックリとまとめる。

「完全に理性的に政策を実行できる人間は本当にいるのか。それは現実的ではないのではないか。ケインズ政策への批判は、まずここが対象になるわけです。自由主義陣営からは「それは共産主義的だ。そんなことは不可能だし、やはり市場に任せるべき」と言われ*9、共産主義陣営からは「中途半端に自分たちのマネすんな」*10と批判されることになる」

「じゃあ、ケインズ政策は絵に描いたモチってこと・・・?」
ケンジは残念そうにつぶやく。

「全部ダメってわけではないけど・・・、まあザックリ、半分半分ですかね!」
嶋野主任直伝のザックリ力で末席は小括を試みる。

「つまり、やらないよりは良いってことか・・・」
ケンジは不服とあきらめの間(あわい)の境地をさまよっている。

「さらにいえば、まあ、うっかり累積すると将来の税金にもなるので、なかなか万能薬とまではいかないのさ」
嶋野は達観して答える。

「ただ、じつは、人の清廉さや完璧さに頼らない方法もあるにはあるんです、といったらケンジくんはどう思う?これはケインズの時代背景ではなかなか実行が難しかったところではあるんだけど、彼はその可能性をも考察をしていたようです。そしてそれは、今なら比較的容易に可能な処方箋なのです!」

えー、また新しいものが出てくるの?でも、そういうのが欲しかったんですよ!と言わんばかりのケンジの表情を眺めながら、末席は楽しそうに結語した。
【次回に続く】

*9: いわゆる米国におけるニューディーラー批判など
*10: いわゆる旧ソ連共産党などによる修正的社会主義批判など

名言

PAGE
TOP