じつは、利益を貯めこんでも、経済は大変なことになる? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「やっぱり自由に取引できるって、大切なことなんですね」
ケンジは消しゴム付きの鉛筆を見ながら、しみじみと言った。

嶋野は甥の理解度を喜びながら相槌をうつ。
「それぞれが得意なことをやって、それぞれが自由に交換する。そうするとみんなが幸せになる、そういうシステムになっているんだよ」

末席は、なんかのアヤシイ勧誘のような相槌になっているな、と気になりながら先に進める。
「その自由な取引をスムーズに実現するのが、貨幣の役割なんですね。貨幣を介することによって、ほとんどのものと交換できると言っていい」

「ヒトとか南極大陸とか、禁じられてるもの以外は、ということだがね!」
嶋野は末席の発言のフォローをしているつもりのようだが、末席は渋い顔をしている。

俄然、経済学っぽくなってきたな。ケンジは身構えて言った。
「なるほど。でも、かならずそう、みんながハッピーになるんですか」

なかなかするどいじゃないか。末席は感心しながら応答する。
「だいたいそうなる、というのが経済学者のコンセンサスでしょうかね」

嶋野が末席の補足をする。
「逆に、自由に交換できることが前提にあれば、自分が得意なものだけやっていてもいい。むしろそのほうがパフォーマンスが高くなるとも言える。得意なものを多く作ることができれば、それだけたくさんのおカネと交換できる*1」

「なるほど。そうすれば多くの欲しいものが結果的に手に入るのですね」

ケンジは直感的に比較優位論を理解できたようだ、末席は安堵した。

*1: 比較優位(comparative advantage)理論とは、分業のメリットを数理的に表現したもので、デビッド・リカード、ジョン・スチュアート・ミルらによって定式化された。数式的に表現すると、X国とY国が生産財aと生産財bを産出するとして、その生産効率をXa、Xb、Ya、Ybと表したとすると、XaとYa、あるいはXbとYbの大きさの比較を絶対優位(劣位)といい、Xa/XbとYa/YbあるいはXb/XaとYb/Yaの比較を比較優位と呼ぶ。口語的に結論を言うならば、他者(他国)に劣ることであっても、自国内で得意なものを生産したほうが、世界のためにも自国のためにもなる、という考え方で、自由貿易のメリットを論理的に肯定する(ミクロ)経済学の根幹をなす理論

比較優位は本当に効果的な分業につながるのか

ケンジは続けて疑問を呈した。
「ただ、みんながハッピーになるというのが、まだピンとこないところもあるのですが。その人にとって得意なことをやったとしても、他の人とくらべて上手じゃない可能性もあります。であれば、そのひとの貰いは少なく、あんまり幸せじゃないかもしれないのでは」

おお、鋭いじゃないか!叔父は嬉しさのあまりにその場で小ジャンプをした。
「そこなんだよ。比較優位論のおもしろいところは。アインシュタインは料理も上手だとして、ではアインシュタインは料理もするべきだろうか」

「好きだったら、すればいいんじゃないですか」
素朴に答えるケンジに、末席は笑いをこらえながら言う。
「じゃあ、アインシュタインが日本で物理学の公演をするとして、そのために賢い彼が日本語を3年間勉強するべきでしょうか」

「うーん。同時通訳でもいいような。それよりは物理学の研究をしたほうがいい気がしますね、日本語を身につけることもいいことだとは思うんですが、なんだかもったいない気がします。でもやりたいなら止められませんが」

ケンジは本人のやる気を重視するタイプだな、末席は好感しながら続ける。
「アインシュタインのアウトプット(論文)が、おそらく人々にとても高く評価されるとすれば、それはきっとみんなの役にたちますね。逆に、日本語通訳の人は、6年間勉強して物理学の論文を書くよりは、通訳で日本の人に物理学の素晴らしさを伝えられるかもしれない」

「なるほど、それは極端な例ですが、説得力ありますね・・・。ただ、アインシュタインや通訳者のような特別な能力がなければいけないんですよね」
ケンジは、人類の99%を代表するようにガッカリする。

「いやいや、それほど極端でないとしても、みんながそれぞれ得意分野を生かしてがんばっていけばいい結果につながる、ということなんです。たとえば、アインシュタインが助手の誰よりもタイプライターを打つのが早く、犬の散歩も非常に得意だとしても、アインシュタインは思考実験に専念して、比較的タイピングに自信のある助手がタイプライターを打ち、犬を比較的満足させられる自信がある助手が犬の散歩を担当すれば、その研究室のパフォーマンスは上がるわけです*2」

なぜ、アインシュタインの研究室に犬がいる設定なのだろう。ケンジは麹町経済研究所の思考実験ノリに、感覚がだんだん麻痺してきているが、かろうじて正気は保っているようだ。
「ケンジくんは、逆に、交換でハッピーにならないってどういうイメージを持ってるんですか」
末席は、ここぞとばかりに、すかさず質問を投げかける。

「えーっと、そうですね。こう、フェアじゃない取引というか」

「・・・もしかして、マンハッタン島の取引のことか」
嶋野はうつむいてつぶやいた。

「こうね、情報の非対称性を利用しながらね、少量の交易品(60ギルダー≒約24ドル分)と大量の土地(マンハッタン島)を交換・・・、って、いつの何の話をしてるんですか!
情報の非対称性は最新の経済学では確かに重要ですけれども・・・*3」
末席はノリツッコミをしながらヤレヤレと続ける。
「まあ、現代風にいえばジャイアンとのび太の取引なんでしょうかね」

それは取引なのか?そう心で思いながらもケンジは流れをさえぎらないように小さく頷く。
「じつは、そういう経済モデルもあったんですよ。別名は、『重商主義』といいます」
ドラえもんがポケットからひみつ道具を出すかのように、末席はドヤ顔で言った。そして続ける。

*2: 繰り返しになるが、比較優位における「比較的」とは、他者(比較対象)との関係と、その人のなかでの得意不得意の比較を含む。「周りと比べて比較的よい」ということと同様かそれ以上に、「自身のなかで比較的に得意なもの」という意味合いが重要である
*3: 取引者間の情報の非対称性により自由市場が上手くいかなくなるケースがあることを、ジョージ・アカロフなどが中古車市場などを引き合いに出しつつ論理的に示した。その分野への貢献により、ジョゼフ・スティグリッツ、ジョージ・アカロフ、マイケル・スペンスの3名が2001年にノーベル賞を受賞した

過度の重商主義はグローバル規模での搾取を生じることも

「重商主義は、言ってみれば、商売をして、富を自国にできるだけ貯めこむのがよい、という経済政策です。ここでの『商』というのがまたクセモノでして、当初は金や差額の蓄積でしたが、末期的には、絶対主義王政と植民地政策がセットになって、まあ、簡単に言えば、ジャイアンごっこをしていたんですね*4」
嶋野はフォローを忘れない。
「つまり、グローバルな搾取をしていた」

ケンジはあまりの表現に目を瞬いているが、しかし、それほどイメージ出来ないわけでもないのが自分でも不思議である。
「それって・・・。でもいまは、ないんですよね・・・」

末席は難しい表情で説明する
「グローバル企業の新興国での生産委託などで、それに近いことが行われているのではないか、という疑義は、たびたび報道されてもいます。現代でも取引がフェアであるかないかの判断は、非常に難しいという事実もあります。最終的には、その地域のためになるかどうかで判断されるべきなのかなと思います。話を戻すと、この重商主義って、こすっからいし、クールじゃないよね、ということで、自由貿易主義を標榜する一派が出てきたわけです*5」

嶋野もフォローする。
「それが、自由主義経済に発展して、取引自体が双方にとってメリットをもたらす可能性がある、という議論が育っていき、リカードとミルによって比較優位論にまで定式化されるわけだね。この比較優位は、経済学のエラい人*6も、経済学上の最大の発見と豪語しているほどの原理なんだ」

末席も負けずにフォロー返しをする。
「自分が儲かりさえすればそれでよい、ということを部分最適、全体が前よりもよくなる(その結果、自分も良くなる)ということを全体最適と言ったりします。重商主義は前者、自由主義は後者の考えなんですね*7」

自由って、なんとなくそうだといいなと思っていたけど、こんなにも重要なものだとは想像もつかなかった。ケンジは我が身の自由さをあらためて深く感謝した。(つづく)

*4絶対主義王政下の重商主義(merchantilism)に関しては、ルイ14世の財務総監ジャン=バティスト・コルベールによる、フランス東インド会社といった勅許会社の設立、新大陸ケベックへの植民政策、貿易船団保護のための海軍強化のパッケージ、いわゆる「コルベーリズム」が有名
*5フランソワ・ケネーの重農主義(労働と生産と分配の重視)や、アダム・スミスなどの自由貿易主義が登場し、重商主義を批判した
*6ポール・サミュエルソン(1970年ノーベル賞受賞)など
*7部分最適、全体最適に関しては、経済学では「合成の誤謬」という言葉もよく用いられる

 

名言

PAGE
TOP