MBA経営辞書「ブランドスイッチ」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドスイッチ(Brandswitch)

あるブランドを購買した後に、他のブランドに切り替えること。その比率をブランドスイッチ率と言い、「商品Aを購入後、同カテゴリーの他ブランドを購入した顧客数÷商品Aを購入した顧客数」で求めることができる。

マーケターにとっては、第一に他社商品から自社商品へのブランドスイッチを高めることが大きな課題となる。市場における自社商品・サービスのブランド力や顧客ロイヤルティを高める工夫が必要となる。たとえば、魅力的な価格、広告宣伝方法、店頭露出の多さなど、顧客が他のブランドに変えた理由を分析し、自社ブランドの魅力が増すようなマーケティング・ミックスを考えるのが常道である。

一方、自社商品間のブランドスイッチについては、慎重に判断しなくてはならない。当初から多少のカニバリゼーションを覚悟して、両商品の合計で自社の市場シェアを上げることを目指している場合は、ブランドスイッチの値が高くてもさほど問題視しなくてよい。しかし、差別化を意識して市場導入した場合は、ブランドスイッチ率の高さは問題であり、ポジショニングの見直しなどの対応が必要となる。

ブランドスイッチ率は、市場特性や商品特性、そのときの市場環境などによっても大きく異なる。たとえば、食品、清涼飲料水、日用雑貨品など消耗品はブランドスイッチ率が高いといわれる。逆に、顧客内シェアが高い商品では、この指標の数値は低い。したがって、業界の標準的なブランドスイッチの状況を知っておくことが重要だ。

ブランドスイッチについて調査する場合、商品特性(特に購入頻度)を考慮しながら調査期間を決めることも重要である。たとえば、頻繁に購入する非耐久財は比較的短期間で分析するほうがよいが、自動車のように何年かに一度しか買い換えない耐久財は長い期間で見なくてはならない。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約800語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP