MBA経営辞書「ケイパビリティ」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイパビリティ(Capability)

企業が全体として持つ組織的な能力。あるいは、その企業が得意とする組織的な能力。J・ストークらが提唱した。例としては、スピード、学習能力、高品質、人材育成力などが挙げられる。イノベーションやオペレーションの柱となる要素であり、競争優位性の源泉となりうる。

なお、コア・コンピタンスがバリューチェーンの特定の機能に関する強みを含意するのに対して、ケイパビリティはバリューチェーン全体に及ぶ組織能力を指し、相互補完的である。ただし、必ずしも明確に使い分けられるわけではなく、ほぼ同義に使用されることも多い。

ストークらは、競争の勝敗は、他社よりも優れたケイパビリティを構築し、これを状況に適応する形で発展させられるかどうかにかかっていると主張する。事実、ポジショニング学派が主張する差別化による競争優位性の構築が困難な昨今の状況下では、ケイパビリティを高め、戦略の実現性で他社に差をつけることの有効性は高まっている。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約800語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP