マーケティングに役立つ基本のフレームワーク5選 

GWに差がつく!ビジネススキルUP塾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今やマーケティング部門だけでなく、営業部門や商品企画部門などあらゆる分野で必要とされるマーケティングの知識。「でも何から手をつけたらよいかわからない!」という方のために、まずはじめに押さえておきたい基本のフレームワーク(確認すべき項目を漏れなくチェックするためのツール)を5つご紹介します。

セグメンテーション

不特定多数の人々を同じニーズや性質を持つセグメントに分けること。人口動態変数、地理的変数、心理的変数、行動変数などをたくみに組み合わせる。

▼関連記事
セグメンテーション(MBA用語集)
ターゲティング(MBA用語集)
マーケティング戦略を決めるセグメンテーション

ポジショニング

顧客の頭の中に、競合と比較した際に有利な差別化イメージを植え付けること。ターゲット層のKBF(Key Buying Factor:購買決定要因)を元に、二次元のマップを描くことが多い。

▼関連記事
ポジショニング(MBA用語集)
戦略的ポジショニングとグッドサイクル -上原浩治の活躍を考える

 

4P

製品・サービスを顧客に買ってもらう上で必ず考えなければいけない4つの要素。製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、コミュニケーション(Promotion)の頭文字をとって、4Pと言われる。

▼関連記事
4P(MBA用語集)

AIDMA

消費者の購買決定プロセスを示す最も一般的なフレームワーク。注意(Attention)→興味(Interest)→欲求(Desire)→記憶(Memory)→購買行動(Action)の順で顧客の購買行動が進むと考える。消費者がどの段階にいるか見極め、コミュニケーション戦略を練る。

▼関連記事
AIDMA(MBA用語集)
バナナ自動販売機に学ぶ「AIDMA補完計画」

製品ライフサイクル(プロダクトライフサイクル)

時間の経過に伴う売り上げの変化を表したもの。一般的には、導入期、成長期、成熟期、衰退期の4段階を経ながらS字型のカーブを描く傾向がある。

▼関連記事
製品ライフサイクル(MBA用語集)
プロダクトライフサイクルで読み解く 大手旅行代理店の中堅営業担当・沢田の悩み

【関連情報】
もっとビジネススキルを上げたい方へ!ゲスト講演や30以上のセミナーをご紹介>>

名言

PAGE
TOP