MBA経営辞書「疑似相関」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

疑似相関(Spuriouscorrelation)

通常、相関関係は因果関係があるがゆえに見られることが多いが、因果関係がないにもかかわらず、見た目上相関関係があるケースを疑似相関という。

疑似相関は、それぞれの変数に影響を与える第3因子の存在によって起きることが多い。「第3因子」とは、ある2つの事象の原因となっている因子のことだ。同じ1つの因子が、異なる2つの事象の原因となっているため、2つの事象の間に結果的に相関関係が生じ、因果関係があるかのような錯覚を与えてしまうのだ。

たとえば、ある大手書店では、ビジネス書の売上げのよい店の近所にはたいていコーヒーショップがたくさんあり、逆に、ビジネス書の売上げの悪い店のまわりにはコーヒーショップ店が少ない場合が多いという現象が見られたとする。ここで、「コーヒーショップに来た人が、ビジネス書を買うのかもしれない」という推論は正しいだろうか?おそらく両者の現実の因果関係は弱いはずだ。すなわち、「コーヒーを飲んだから(原因)、ビジネス書を読む(結果)」ということは必ずしも多くはないだろうし、その逆の「ビジネス書を買ったから(原因)、コーヒーを飲む(結果)」ということもそれほど多くはないはずだ。

それにもかかわらず相関関係が存在するのは、「近隣にオフィスが多い(ビジネスパーソンの利用が多い)」という共通の原因、すなわち第3因子が存在するからだと思われる。つまり、「近隣にオフィスが多い(原因)からビジネス書がたくさん売れる(結果)」と、「近隣にオフィスが多い(原因)からコーヒーショップがたくさんある(結果)」という事象が重なって、書店の店舗ごとのビジネス書の売上げと、近くにあるコーヒーショップの数に相関関係が生まれたと考えられるのである。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約800語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP