MBA経営辞書「社会的抑制」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会的抑制(Socialinhibition)

一人でするときよりも、観察者や共行動者がいる場合のほうが、個人の作業効率が悪くなること。難しい課題などで特によく観察される。なお、単純な課題などでは、逆にパフォーマンスが向上することがあるが、これは社会的促進と呼ばれる。

社会的抑制は、課題に対し興味が持てない場合や、重要性が認識されない場合にも見られる。

社会的抑制が起こるメカニズムとしては、自分の行動や発言が周りから否定されるのではないかという恐れを抱くことが挙げられる。特にスキルレベルの低い人間にとってその傾向が強くなる。その結果、彼らは、何かを議論するように指示されても、難しいテーマは避け、簡単な話題ばかりをしがちになる。

社会的抑制の結果、本来なされるべき行動が起こされない可能性も生まれる。たとえば、事業撤退に関する議論などは、ただでさえ避けたいテーマであることに加え、難しい問題であることから社会的抑制が働きやすい。その結果、誰も話したがらないということになりがちである。

あるいは、誰かが暴漢に襲われているのに助けないという行為は、社会的抑制に社会的手抜きが重なった結果といえる。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP