MBA経営辞書「会議主催者」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会議主催者(Meetingsponsor)

会議のオーナー。通常は、一定以上の役職を担う管理職であることが多い。彼らは以下の役割を果たす必要がある(必要に応じて他人に依頼することも可)。

・参加者に対して、会議のアジェンダおよび会議の目的を案内する
・当日の会議が生産的になるように、必要な情報を事前に参加者に共有する
・参加者に会議での役割を割り当て、それを周知する
・必要に応じてファシリテーターと事前相談し、会議の進行イメージや落し所を共有しておく
・参加者がストレスなく会議に集中できる環境を用意する。たとえば、目的や人数に応じた会議室を手配しておく
・会議が予定通り進まない場合に、ファシリテーターと相談しながら、最善の進め方を検討する
・(特に意思決定の会議の場合)最終結論に皆をコミットさせる
・議事録を配布、公開することで、決定事項を周知する(その前段階として、必要に応じて、議事に間違いがないか関係者に確認してもらう)
・必要に応じて事後のモニタリングを行い、決定事項がしっかり実行されているかウォッチし、報告する

こうした役割を適切に果たすために、会議主催者は、以下のポイントを意識しておく必要がある。

・準備、実行、フォローアップのプロセスを常に意識し、やるべきことに漏れがないことを確認する
・ファシリテーターや一般参加者以上に、会議の質を高めることを意識した発言や行動をとる

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP