MBA経営辞書「ストローマン」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストローマン(strawman)

相手の意見を正しく引用せず、捻じ曲げて引用し、それに反論するという論法。日本語で「藁人形論法」ということもある。しばしば、「とんでもないことを言い出すやつだ」といったように、相手を強く攻撃する際に用いられる。

ストローマンは、論点のすり替えの一種でもある。つまり、相手が問題にもしていない論点をでっち上げ、それに対して攻撃するのである。

ストローマンにはいくつかのバリエーションがある。典型的なのは以下のようなものだ。

・形式論理学的に誤り1
「男たるもの、家族の人生に責任を持たなくては」
「じゃあ、君は、女性は家族の人生に責任を持たなくてもいいと言うのだな」

・形式論理学的に誤り2
「男たるもの、家族の人生に責任を持たなくては」
「家族の人生に責任を持っている女性の立場をどう考えているんだ」

・文脈から切り離して一部を引用
(……ですのでデフレ下においては、株主の視点からも)「企業がキャッシュを株主に即還元しない方が良いというケースもありうるわけです」
「株主の利益を無視するというのだな」

・文脈から切り離して一部を意図的に誤用
(新卒採用を抑制するような、しかも、仕事のできない人間すら庇うような)
「正社員の『過剰』保護には反対だ」
「正社員の雇用に手をつけるべきなんて、経営者の責任を果たさないのか」

ストローマンは、しばしば、聞き手の情動に訴えかける形をとる。少なくとも、直接対話しているシーンでは、相手がストローマン的な引用をしたときには、すぐさま指摘することが必要である。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP