MBA経営辞書「ディスカウンテッド・ペイバック・ピリオド法」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスカウンテッド・ペイバック・ピリオド法(DiscountedPaybackPeriodMethod)

将来のキャッシュフローの現在価値を求め、その数値を使ってペイバック・ピリオド(投資回収期間)を求める方法。

通常のペイバック・ピリオド法では、シンプルに、初期投資が何年で回収できるかを実額で計算する。その方法の優れた点は「容易さ」だ。簡単な足し算をするだけで、投資判断ができる。また、もう1つの良さとして、投資に伴うリスクを判断する基準になるという点がある。投資額に相応するキャッシュフローが得られるまで、資金はその投資にしばられている。銀行借入で調達したならば、借りたのと同じ額を稼ぎ出すまで、借入を返済できない。したがって、投資回収期間が長くなればなるほど、プロジェクトの魅力は下がるのである。

一方で、ペイバック・ピリオド法の欠点として、現在価値の観念がまったく入っていないという点がある。5年目の1000万円のほうが1年目の1000万円よりも現在価値は小さいはずであるが、ペイバック・ピリオド法では、両方をまったく同じに扱うのである。

この問題を解決するため、適切な割引率を設定して毎年のキャッシュフローの現在価値を求め、その数値を使って投資回収期間を求める方法としてディスカウンテッド・ペイバック・ピリオド法が生み出されたのである。

ただし、ディスカウンテッド・ペイバック・ピリオド法を採用した場合でも、投資回収期間以降のキャッシュフローは相変わらず無視されるという問題は残っている。投資回収後のキャッシュフローの現在価値がゼロであっても100億円であっても、投資回収期間さえ同じなら、同様の評価になってしまうという弱点は相変わらず残っているのである。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP