じつは、デフレの正体はそれほど知られていない 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「じつは…経済研究所」

麹町経済研究所は、東京・千代田区の麹町に本拠地を置く麹町経営大学院に附属する、経済学研究所である。

麹町経営大学院では、MBAの次世代アップデートを世界に先駆けて行う計画を持っており、MBAの周辺、つまり経済学などの学術領域を取り込んでいくことを目的に、この研究所を設立することを決定。また、将来的には、欧米の独立系シンクタンクのように政策提言までを行うことも目指している。

このような高邁な設立理念を掲げながらも、この経済研究所はおそろしく小所帯だ。所長とマネジャーを除けば、研究員は2名しかいない上に、設備はといえば、リナックスベースのPCが2台支給されているだけで、プリンターなどは他部署との共用である。

というわけで、大規模な独自調査などはなかなか行うことができないのだが、なぜか各種メディア関係者に知名度が高く、重宝がられる存在だ。

それには理由があって、クライアントのコメントやリポートの要請には何でも答える方針をとっているからだ。どんなムチャ振りにも応じるのが、基本姿勢となっている。

麹町経済研究所のこの方針は、ファウンダーである所長が若かりし頃にかなりケインズにかぶれていて、その副作用からきているのではないかと所内で噂されている*1。

「きみ、需要は大事だよ。需要から経済は始まる。需要があるのなら、ぜひそれに応えなければね」

これは、ムチャ振りの際に必ず言う、所長の口癖だ。というわけで、今日もメディア関係者からのコメントやらリポートの需要(という名のムチャ振り注文)が次々に舞い込んできている。

しかも、麹町経済研究所のリポートのタイトルは、所長によって「じつは…」で始めることが義務づけられている。

ムチャ振りに「じつは…」で対応するのは、所長のメディア戦略だ。しかし、それでは難渋することも多く、末端の研究員にとっては、たまったものではないのであるが…。

ただ、その形式のリポートは思いのほか好評で、いつしか麹町経済研究所は、「じつは…経済研究所」と呼ばれ、重宝がられるようになった…。

*1: cf.『雇用・利子および貨幣の一般理論』(ジョン・メイナード・ケインズ/著、1935-1936年)

新聞の取材依頼

「主任はただいま、海外出張にでておりまして…」

事務を取り仕切っているマネジャーが電話を取っている。どうやら、新聞記者からコメント取材の依頼がきているようだ。確かにいま、主任研究員の嶋野は海外にいる。しかし、じつは出張なんかではなく、クルマ好きの嶋野はF1観戦のために上海に遊びに行っているだけなのだが、なんとなく体面を取り繕ったのだろう。マネジャーは、コメントの信憑性というものがどうすれば守られるのかをよく心得ている。

新聞記者のコメント取材は、その場ですぐ答えなければならないことが多い。その対応ができないとなれば、つまり、新聞記者の需要に応えられない場合は、彼らは早急に電話を切って、よその研究所にコメントを求めるだけだ。

マネジャーはこちらをチラリと見た。

「急ぎということであれば、ほかの研究員もおりますが…」

いかにもオススメじゃないというニュアンスを漂わせている。その語調には、いつもながら僕はムッとしてしまう。だが、マネジャーの立場としては、当研究所のクレジット(「麹町経済研究所によると」などの記載)が紙面に載ってほしいものの、当研究所の実力が僕程度だと思ってほしくないということも暗に相手に伝え、ブランドを守ろうとしているのだから、これもプロの仕事なのである。…と、まあ、少なくとも僕はそう納得しようとしている。

「僕でよろしければ、承りますが。ヒラの研究員で、名前は末席(ませき)といいます」

新聞記者は電話の向こうで、「主任」の肩書きと原稿締切の時間を天秤にかけているようだ。結局、よその研究所に当たるのも面倒だと思ったのか、電話取材はそのまま行われた。目の前の供給には、それなりのものだとしても魅力がある。米国の行動経済学的な実験結果通りだな、と末席は思った。

普段ならそれなりだと感じてしまう選択肢でも、目の前にあってすぐにそれを選べる環境下では、よりよい選択肢がありえる場合であっても、それなりの魅力を感じて人は受け入れてしまうものだ。

記者の取材テーマは、デフレについてだという。

デフレって何?

記者:素朴な疑問からですが、デフレが悪いとは言われますが、何が悪いのでしょうか?良いこともあるのですか?

末席:デフレは手短にいうと、物価が持続的に下落することです。例えば、牛丼が安く食べられます。牛丼以外でも安くなりますので、キャッシュフローが将来に向けて確実にもらえる人にとってはいいでしょうね、それは買えるものがどんどん増えるということですので。

ただ、理論面でも実際でも、こと景気(経済成長)にとっては害しかないことが国際標準のコンセンサスになっています。例えば、2008年の金融危機に端を発する各国首脳の協調したデフレ対策の実行などは典型例でしょう。

つまり、これが意味するところは、一般企業のサラリーマンで、安く買い物ができるとデフレを歓迎している人でも、よほど雇用が安定していなければ、いつリストラされるかもわからない、そんな状況です*2。

記者:例えばそれは、デフレで牛丼が安く食べられると喜んでいたら、突然、クビになったり、勤務先が倒産してなくなってしまうこともありうるということでしょうか?

末席:デフレ下では基本的に、公務員でもない限り、どの企業の社員でもそういう状況になりやすいといえると思います。
*2: cf.フィリップス曲線。一般的に、インフレ率が上がると失業率が減り、下がると失業率が上がるということを示す
記者:そもそもデフレって何なんでしょうか?人によって使い方が異なるというイメージもあるのですが。

末席:さきほど、物価が持続的に下落することといいましたが、確かにこれだと不親切かもしれませんね。もう少し詳しく説明すれば、「貨幣に対する物価平均の下落」といえます。ちなみにIMF[国際通貨基金や内閣府の定義では「物価水準の2年以上にわたる継続的な低下」としています。それで言うと、今は完全にどっぷりデフレです。

ただ、デフレを勘違いしている人は非常に多いんです。たとえば、液晶テレビがどんどん安くなっているからデフレ、ユニクロが流行っているからデフレ、中国からの輸入品が増えているからデフレ、というものです。それはあくまで個別の商品の値段が安くなっているということです。

マクロ経済学の概念であるデフレは、世の中のモノの総量と貨幣(信用含む)のバランスで決まります*3。これでいうと、個別のものの技術革新で値下がりしたものがあったとしたら、それで余分になったお金は他のものに投入されるため、他のものが少し値上がりするという解釈になります。お金の全体の量自体が変わっていないからですね。

*3: 貨幣数量理論(quantity theory of money)は、流通している貨幣の総量とその流通速度が物価の水準を決めるという、新古典派経済学の主要をなす理論で、貨幣ストックをM、流通速度をV、価格をP、生産量をYとすると、MV=PYが成り立つとする仮説

記者:では、経済学的な意味でのデフレの判定方法は?

末席:教科書的に言うと、GDPデフレータ(インフレータともいい、実質GDPと名目GDPのギャップを算出します)、コア(コア)CPI(コンシュマー・プライス・インデックス、消費者物価指数。これは原油、食料品を除く物価調査値を用いるのが国際標準です)、ユニットレーバーコスト(単位労働価格)、の3つのうち、2つがマイナスであれば、まあデフレですよね、という感じです*4。

これだとまどろっこしいというセッカチさんには、普通の国債と物価連動国債とのプライスのギャップを算出したBEIの数字で見てもいいでしょう*5。これだと、市場が予想するインフレ率がリアルタイムで見られます。じつは、これでだいたい合っています、市場ってすごいですね*6。

*4: 教科書とは、ここではマクロ経済学の教科書を指す
*5: BEIはブレーク・イーブン・インフレ率の略で、市中の国債価格を元に、Rを名目イールド(複利)、rを実質イールド(複利)とすると、BEI=(R-r)/(1+r)として計算する。上記の計算が面倒であれば、BEI≒R-rを使ってもざっくりとした値はわかる
*6: 市場が情報を常に織り込んで均衡が形成されるという考えは「効率的市場仮説」といわれるもので、新古典派経済学の根幹を成す

 

日本のデフレは特殊なの?

記者:日本はいつからデフレなんでしょうか?90年代後半からずっと、つまり十数年続いているということでいいのでしょうか?

末席:いいと思います。0にはなったこともあるけれど、プラスにはなっていませんので。

記者:どのくらい物価が下がっているんですか?

末席:詳しくは調査値が必要ですが、理論値ベースで言えば、-2%であれば、10年複利で18%減くらい、20年では33%減くらいになります*7。

*7:「18%くらい」の計算は、0.98^10、「33%くらい」の計算は0.98^20

記者:これは日本特有の現象なんですか?

末席:先進国で、最近、長期でデフレというのは、例がないようです。ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマンや、彼の元上司で現FRB(連邦準備制度理事会)議長のベン・バーナンキも、経済学上の貴重なケースとして扱っているくらいです*8。

ちなみにバーナンキは恐慌とデフレの研究の第一人者です。クルーグマンは、はじめて日本が流動性の罠(liquidity trap)という奇特な状況に陥っていることを示した人物です。流動性の罠とは、比喩を使って説明すれば、ぬかるんだ窪地にはまってしまった日本経済という自動車が、アクセルを踏んでもなかなかそこから抜け出せなくなっている、そんな状況です。

*8:cf.“What is wrong with Japan?”(Paul Krugman,1997),“Deflation : Making Sure It Doesn’t Happen Here ”(Ben Bernanke,2002)

記者:インフレが怖いって大学の時に習った覚えがあるんですけど、なぜデフレがいま問題になっているんでしょうか?

末席:インフレが怖いのは、オールドな世代が、インフレを抑制するのに躍起になっていた時代が長いからかもしれません。それには理由があって、物価が高くなったら、同じお金で買えるものが少なくなります。そうすると豊かさを感じられなくなりますよね*9。

でもじつは、インフレは経済成長が伴えば怖くないのですが。インフレが進んでモノの値段が2倍になっても、所得が2倍以上になればなんの問題もありませんし、実際、そういうふうに経済は成長することが多いのです*10。で、デフレ下では、成長の芽自体が摘まれてしまうから、インフレよりもデフレがとても厄介なんだとバーナンキは力説しています*11。

*9: 日本のいわゆる高度経済成長時には、物価が持続的にかなり高率で上がっていったため、日銀は物価安定の対策を常に求められていた(1950年から1990年にかけて、物価はだいたい8倍くらいになっている)
*10: かつての日本の「所得倍増計画」や、現在の中国などの状況を参照
*11: cf.“Deflation : Making Sure It Doesn’t Happen Here ”(Ben Bernanke,2002)

記者:デフレスパイラルって言葉をよく耳にしますが、デフレとどう違うのでしょうか?

末席:デフレスパイラルは、デフレが起こったあと、さらなるデフレを予想して、消費がさらに冷え込む現象です。「来年、再来年になったら、もっと安く買えるのではないか。だったらいま買うのはやめよう」とみんな思ってしまったら、本当にデフレスパイラルが現実になってしまいます。これは「デフレの予期」と呼ばれ、たとえばノーベル経済学賞受賞者のジョゼフ・スティグリッツやポール・クルーグマンは最も恐怖すべきものと指摘しています*12。

このデフレスパイラルにかかったら最後、もうなかなか手の施しようがなくなるわけですね。
*12:古いものでは、スティグリッツに関しては2002年の日本経済新聞、週刊現代インタビューなど、ポール・クルーグマンに関しては、“It’s Baaack! Japan’s Slump and the Return of the Liquidity Trap”などを参照

記者:最後に。デフレはこの先も続くのでしょうか?

末席:私にはわかりません。ただ、デフレを止める方法はかなり研究されています。あとは、デフレを止めるために、みんなが本気で心を合わせて行動しないことにはどうしようもないのかな、とは思います。

取材時間は、合計で30分ほどだった。記者との電話に戻ったマネジャーは、3万円の謝礼を要求したが、記者はコスト削減の折だということと、末席の肩書きを指摘、マネジャーは6掛けでの先方提案を受け入れた。

「まったく。これだからデフレって大っ嫌いなんだよ!」

 

※次回は、デフレがビジネスに及ぼす影響について、MBA的な視点から末席が迫ります。

名言

PAGE
TOP