MBA経営辞書「サーバントリーダーシップ」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバントリーダーシップ(servantleadership)

米国のロバート・グリーンリーフ博士が提唱した概念で、「まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである」という発想に立って、リーダーシップを発揮することを指す。

サーバント・リーダーシップの10の特性といわれるものは以下のとおりである。

(1)傾聴:人の言うことがきちんと聞ける
(2)共感:同時に共感もできる
(3)癒し:本来の姿が取り戻せるよう自他ともに癒すことができる
(4)気づき:自他ともに気づきに訴えることができる
(5)説得:支配的ではなく、何か大きな使命や目標を訴える説得力を持つ

(6)概念化:自分の夢がきちんと概念化できている
(7)先見力:現在の事柄について過去の教訓に照らし合わせ将来を予想する
(8スチュワードシップ:大切なものを任せて信頼できると思われるような人
(9)人々の成長に関わる:一人ひとりの成長に深くコミットできる
(10)コミュニティーづくり:自らがサーブしてリードできるような、有能な人材を多く創出するような文化を創る

名言

PAGE
TOP