MBA経営辞書「価格弾力性」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価格弾力性(priceelasticity)

価格の変動によって、ある製品の需要や供給が変化する度合いを示す数値。

価格弾力性=需要の変化率÷価格の変化率

需要の価格弾力性の場合は、需要の変化率/価格の変化率の絶対値で表される。例えば、ある製品の価格を10%値上げしたときに、需要が5%減少したとすると、この場合の価格弾力性は0.5となる。

この値が1より大きいと「弾力性が大きい」といい、1より小さいと「弾力性が小さい」という。価格弾力性が小さい場合は、価格を変更してもほとんど需要は変化しないが、価格弾力性が大きいと、価格が変わると需要が大きく変化する。通常、コメや野菜などの生活必需品は価格弾力性が小さく、宝飾品などの贅沢品は価格弾力性が大きいといわれる。

価格弾力性は顧客セグメントによって多様であり、同じ顧客セグメントであっても状況とともに変化する可能性がある。例えば飛行機の場合、プライベートで利用するときとビジネスで利用するときとでは、座席のクラスが変わったりする。

価格弾力性はその製品のスイッチング・コストにも影響を受ける。例えば、使用に際して新たな学習が必要な製品でほとんど価格差がなければ、顧客はあえて違うメーカーの類似製品に切り替えようとはしない。たとえば、パソコンのソフトなどはスイッチング・コストが高いために価格弾力性が小さくなっている典型例といえる。

名言

PAGE
TOP