MBA経営辞書「経営システム」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営システム(Managementsystem)

経営システムにはさまざまな定義があるが、狭義には、会計制度や、人事制度(HR制度)、意思決定メカニズム、会議体のありかたなどの組織運営上の仕組みを指す。また、それらを支えるITシステムなどもこれに含める場合が多い。ハーバード大学のマイケル・ポーター教授のバリューチェーンで言えば、支援活動に該当する部分だ。ハード的なマネジメント・システムと言ってもいいだろう。

より広義には、経営理念に代表されるソフト的な環境を整備することで、従業員の動機付けやベクトル合わせを行うことも経営システムに含まれる。さらには、リーダーを含むマネジメントチーム(経営チーム)を適切に構成し活動することや、彼らに対するガバナンスの仕組みを整備することも、広義の経営システムに含まれる場合がある。

これらのシステムは、ビジョンや戦略を前提に、相互に整合性を取りながら設計することにより、単に組織運営の効率性を上げるだけではなく、従業員の意識やベクトルを揃え、スキル向上にも多大な影響を与えることができる。また、組織の変革時などには、経営システムを変化させることで、従業員の意識改革を行うことが多い。

経営システム設計において、あえて共通する今日的なキーワードを挙げるとすれば、「可視化」と「権限委譲」の促進とが挙げられる。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP