MBA経営辞書「ミッション」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミッション(Mission)

チームとして責任を持って成し遂げるべきと考える任務のこと。「チームマネジメントの7M」の構成要素の1つ。なお、ミッションという用語は、チームレベルで用いられることもあれば、企業レベルで、経営理念や経営ビジョンと同時に語られることもある。また、個人にも個人なりのパーソナル・ミッションがある。ミッションという言葉を使う際には、どの次元の話をしているのかを意識することが重要である。

チームとしてミッションを実行するには、各メンバーがそれを共有することが前提となる。そして、その核になるのがコミュニケーションである。特にリーダーは、チームミーティングなどのメンバー全員によるコミュニケーションの場と、各メンバーとの1対1のミーティングのバランスをとりながら、コミュニケーションの質を高めなければならない。

たとえば、インテル社の元社長アンディ・グローブ氏は、この1対1のミーティングを「ワン・オン・ワン・ミーティング」として重視した。彼は、その目的は相互教育と情報交換であると断言している。1対1のミーティングでは、リーダーが一方的に話すのではなく、むしろ聞き役に回るぐらいの心構えが大切だ。その中で各メンバーのミッションの理解度が確認できるからである。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP