MBA経営辞書「事業ドメイン」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業ドメイン(BusinessDomain)

ドメインの特定、絞込みに当たっては、コア・コンピタンスやケイパビリティの理解に加え、事業の特性やKSF(KeySuccessFactor:成功の鍵)を意識することが必要だ。マス・マーケット型事業で規模の経済性がポイントなのか、それとも分散型事業で高い付加価値が求められているのか。このように事業の特性とKSFを正しく捉えておかないと、どれだけ自社のコア・コンピタンスが強力でも、適切な事業戦略構築はできない。

なお、ドメインの設定は、マーケティング活動における市場セグメンテーションとは似て非なるものだ。市場セグメンテーションとは、市場の中で既に顕在化している消費者のニーズを選別的にとらえ、それに対応する製品・商品、マーケティング手法の組み合わせを考えることである。これに対して、ドメインの設定とは、自社の持つ強みを踏まえて、市場を新しく括り直し、市場への働きかけを行うことによって成長機会を発見することである。

ドメインを巧みに変更した例としては、かつての米国のビデオレンタル業者ブロックバスター社がある。同社は、DVDやブロードバンドの普及、ゲーム市場の拡大といった環境変化を受けて、ただビデオを豊富に揃えるだけでは、事業の成長がないことを悟った。そこで、自社の提供価値を「自宅で素晴らしい夜を過ごせるようにすることである」と再定義し、従来のドメインである「レンタルビデオ」よりも幅広い事業展開ができるように修正したのである。その結果、ビデオに加え、DVDを積極的に取り扱うとともに、ソフトドリンクやスナック菓子、アイスクリーム、映画情報誌など、顧客が楽しい時間を過ごせるように補完的製品をレジの付近に置いて販売するようになったのだ。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP