MBA経営辞書「CEO」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CEO(ChiefExecutiveOfficer)

ChiefExecutiveOfficerの略。日本では「最高経営責任者」と訳される。

米国型コーポレートガバナンスでは、企業の所有と経営(執行)を切り分け、所有者である株主を代理する取締役会が、業務執行を行う執行役員を任命・監督するという形態となっている。この執行役員のトップがCEOと位置づけられる。

「CEO」や「COO(ChiefOperatingOfficer、最高執行責任者)」のような“CXO”という役職名は、所有と執行の役割境界をそれほど明確にしていない「会長(Chairman)」や「社長(President)」とは異なる概念のものである。ただ実際のビジネスにおいては、会長がCEOを、社長がCOOを兼ねることが多い。

日本企業においては、近年になってから、この執行役員制度を導入する企業が増えてきたが、上述のような兼任をする形態が一般的である。日本においては、会社の代表権を持つのは、CEOやCOOではなく、あくまでも取締役または代表取締役である(会社法349条)が、2003年4月施行の改正商法で委員会等設置会社(2006年5月施行の会社法で委員会設置会社に名称変更)と呼ばれる米国型企業統治に近い制度が導入され、代表執行役、執行役が設置できるようになっている。

日本取締役協会(http://www.jacd.jp/)が2003年に会員であるCEO(会長、社長)を対象として実施した「CEOに関するアンケート調査」によると、CEOという呼称は半数以上の企業が使用しており、調査時点で既に一般的になりつつあった。

なお、CEOのように“CXO”と称される執行役として他に、「COO」「CFO(ChiefFinancialOfficer、最高財務責任者)」「CLO(ChiefLearningOfficer、最高人材・組織開発責任者)」などがある。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP