MBA経営辞書「短期インセンティブ」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期インセンティブ(short-termincentives)

従業員に対する金銭的な報奨は、主に基本給とインセンティブから成り立つ。インセンティブには短期的なものと長期的なものがあり、短期インセンティブは主に現金で付与される。短期インセンティブは、動機付けという主目的に加え、報酬の一部を変動化することにより、基本給の昇給による固定費のむやみな増大を避けることも意図している。

短期インセンティブはその評価対象によって、個人の成果を対象にするもの、チーム(グループ)の成果を対象にするもの、組織全体の成果を対象にするもの、グローバルな企業グループ全体の成果を対象にするもの、これらを組み合わせたものなどがある。

日本企業における伝統的な「ボーナス」は、本来の意味でのインセンティブとは性格を異にする。たしかに、ボーナスは企業業績を反映させて人件費総額を調節するという機能を持っており、また多くの会社では成績査定部分として個人の考課結果を反映させる部分も持っている。しかし日本企業のボーナスは、支払額が何によって決定されるかが明示的に示されていないことが多い。このため従業員側は、ボーナスはあくまで生活補償的な固定給の一部であると考え、会社全体の業績により水準が上下したとしても、それは外的な環境要因による「運・不運」であって自分たちの成果に基づくものではない、と認識しがちである。

日本に特有なこのボーナス制度は、社会保険コスト上の有利さなど、制度の実際上の利点によっても支えられていた。しかし、昨今の制度変更や企業経営のグローバル化に伴い、わが国でもボーナスをもっと明確に会社や個人の業績と連動させようという動きが進んでいる。

次回は「長期インセンティブ」を取り上げます。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP