MBA経営辞書「マインドシェア」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客の心の中に占める特定ブランドの占有率。

定義からも推定されるように、マインドシェアは直接に測定できるものではない。一般には、純粋想起率で代用することが多いが、場合によっては純粋第一想起率を用いるケースもある。純粋第一想起率は、たとえば「ハンバーガーショップと言えば、まずどこを思い浮かべるか」のように、最初に頭の中に浮かぶブランドを答えてもらったときの割合である。

通常、マインドシェアは販売シェアとは一致しない。なぜなら、販売シェアは製品力や価格競争力、チャネル力なども加えたトータルの力が反映されるからである。マインドシェアが低いにもかかわらず販売シェアが高い状態は、価格競争力やチャネル力に優れていることを示す一方で、当該ブランドの将来性に黄信号が点っていることを示す兆候でもある。

マインドシェアは一般に専門品でより重要とされてきたが、近年ではネットで情報を収集したり購入したりする消費者が増えてきた影響もあって、ますますその重要性が指摘されるようになってきている。また、こうしたトレンドを反映して、検索エンジンで上位に表示されるようにする、いわゆるSEO(検索エンジン最適化:SearchEngineOptimization)が高い注目を集めている。

なお、マインドシェアが高くとも、顧客が好感度を抱いていない場合には、購入に結びつかない。たとえば、プロスポーツ球団のアンチファンにとっては、当該のチームはマインドシェアは高いものの、チケットを買ってまでゲームを見ようとはしないだろう。

次回は「広告戦略」を取り上げます。

▼「MBA経営辞書」とは
グロービスの講師ならびにMBA卒業生など、幅広い分野から知を結集して執筆された、約700語の経営用語を擁する辞書サイト。意味の解説にとどまらず概念図や具体例も提示し、マーケティング、ファイナンスなどの分野別に索引できる。今後、検索機能ほかサイト機能の追加を行う一方、掲載用語を1000語程度まで拡充した上でサイト上でのご意見の収集ならびに監修の実施を通じた更なる精緻化を図り、グロービス編著のベストセラー書籍『MBAシリーズ』と併読いただける書籍として出版を予定している。

名言

PAGE
TOP