【経営キーワードクイズ】大量のデータを分析し、ビジネスに役立つ知見を見つける技術とは? 

正解はどれだ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題です!

統計学などの解析手法を駆使して大量のデータを分析し、例えば「週末に同じ人が紙おむつと缶ビールを同時に買う傾向がある」など、ビジネスに役立つ知見を見つけ出す技術を何という???

1. データマイニング

2. トレジャーディッピング

3. スクレイピング

4. スクイージング

19348310ff28d8badc458f5d6efc5781 e1422005048972

解答です!

正解は「1. データマイニング」でした。

データマイニングとは、統計学などのデータ解析の技法を駆使して、大量のデータを網羅的に分析することにより、ビジネス上意味のある知見を発見する手法です。

例えば、あるスーパーの購買履歴データを分析することで、週末に同じ人が紙おむつと缶ビールを同時に買う傾向があることが分かったとすれば、その因果関係を推定してプロモーション策を講じることができるようになります。サンマと大根、パスタとミートソースのような、人間が容易に見当のつけられる関係ではなく、大量のデータをコンピュータで分析して初めて分かるような発見を得ることを特にデータマイニングと称することが多いようです。

詳しい解説はこちら →今週の1語 MBA経営辞書「データマイニング」

 

※本クイズはBPnetから転載し、GLOBIS知見録読者の方向けに再掲載したものです。

名言

PAGE
TOP