「会社員」VS「独立自営」の意識差 ―鶏の参加と豚のコミット 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカンジョークをひとつ───

In ham and egg, the hen is only participating, but the pig is really committed.

ハム&エッグにおいて、メンドリ(雌鶏)は参加しているだけだが、ブタはガチでコミットしている。

1d8628cec739bd4279829dc2f65ef40b

© Noboru Murayama | Career Portrait Consulting

さて、ここに2種類の人間がいて、持論を語っています。

トン氏は20代でサラリーマンをやめ、自分が志す道で起業しました。当初から「拡大ありきの商売は志を濁らせる」という信念で、身の丈規模の自営業を続けて20年が経ちます。彼は言います───

「会社員っていうのはどこまでいっても、仕事がどこか“他人事(ひとごと)”になるんだね。何をやるにしたって会社から金が出るわけだし、それで儲けても会社の金、損を出しても会社の金だからね。リスクとリターンは結局、会社のもの。会社員は部分的にかかわるだけで、仕事が深い次元で“自分事(じぶんごと)”になることはないさ。“仕事のオーナーシップ”が浅いっていうかね。こっちはコピー1枚取る費用だって自腹。真剣さが違う。ほんとうの仕事の喜びは、リスクもリターンも自分が全身で引き受けるところでしか生まれないんだ。

企業なんてものは、得体の知れない経営意思、それはたいてい組織存続が目的化した利益追求意思だろうけど、そのもとにみんな働かされているんじゃないかな。みんな自分の評価があって、決められた枠の中のゲームで“よい点”を取るのが仕事になってる。その点、おれの仕事は、おれの想いの表現活動そのもの。働きざまが生きざまだよ」。

他方、ケイ氏は、ある企業に勤めて20年超、新規事業開発の分野で百戦錬磨。事業プロデューサーとして社内の信頼も厚い存在です。彼は言います───

「会社のリスクで、自分の思ったことをできるなんて最高のサラリーマンさ。一個の人間の信用なんて小さいし、そのちっぽけな信用で背負ったリスクで負けようものなら、立ち直るのにどれくらいの時間がかかるんだい。人生、“レバレッジ(てこ)”を利かすことを覚えなきゃ。会社をいい意味で“利用できる”人間が、幸せな職業人なんだと思う。サラリーマンにだって深い仕事はたくさんあるよ。

それに、仕事のリスクを会社に肩代わりさせることで、プライベート生活が守られるわけだ。仕事のオーナーシップを100%自分で持ったら、必ずプライベートに影響が及ぶ。持ち家より賃貸で暮らすほうが、人生全体でみれば柔軟性や広がりは出る。そういうしなやかさがぼくの生き方だ」。

……さて、あなたはトン氏、ケイ氏、どちらの持論に賛同するでしょう。

と、そのかたわらで、2人の持論を聞いている人たちがいました。

アントワさん:「リスクとかリターンとか、なんだか猛々しい話ね。わたしはただ、そのハム&エッグをおいしく食べるだけよ」。

ジソクさん:「鶏も豚も育てていてかわいいね。うちじゃみんな共生する仲間だよ」。

(本記事ではあえて結論を書きません。どちらにも正解の生き方があるので)

名言

PAGE
TOP