プレゼンや会議の前の緊張を和らげるヨガ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q:大事なプレゼンや会議の前に緊張してしまいます。なんとかなりませんか?

「緊張してきたなぁ」と感じてきたら、胸を開くポーズをとってみましょう。とても簡単で、オフィスでも家でもどこでもすぐできますよ。

94147f3ebf10ed854efe5e035eb4db88

【手順】
1.椅子に浅く座ります
2.背筋を軽くすーっと伸ばし、手を背中の後ろで組みます
3.胸を斜め上に押しだすようにして、目線は斜め上
4.心地よい伸びをじわーっと感じながら、数分間キープです

ストレッチのように10秒くらいでやめるのではなく、頑張らない程度に2、3分ほど姿勢をキープするのがコツです。そうすれば、気持ちは前向きになり、緊張も和らいでいることでしょう。

ワンポイント

実は、ハーバード・ビジネス・スクールのエミー・カディー教授がこの効果を裏付ける研究を報告しているのでご紹介しましょう。

彼女によれば、胸を張り、堂々としたポーズを2分間するだけで、体内のホルモンの量が変わり、力強さや自信と関係のあるテストステロンが20%増加し、ストレスと関係のあるコルチゾールが25%減少するというのです。反対に、肩をすくめ、体を丸めるような姿勢を2分とると、ストステロンが10%減少し、ストレスと関係のあるコルチゾールが15%増加するのです。わずか2分の努力。努力といっても簡単なポーズをとるだけで、お金がかからずに、これだけの効果があるのならば、ビジネスのシーンでも活用しない手はないでしょう。

カディング教授も指摘しているように、自信を持った結果、堂々とした姿勢をとるのは、当たり前ですが、その逆も正しいといえるわけです。すなわち、ウソでもいいので、胸を張り堂々としたポーズをとるから、結果として、自信が芽生えるのです。

このことをもう少し考えてみますと、普段の姿勢がなんとも大事なことに気づかされます。これを読まれている読者のみなさん、今、どのような姿勢をとっているでしょうか。普段から背筋を丸めて縮こまった姿勢をしていては、心も縮こまってしまいます。逆に、普段から堂々とした姿勢をとっていれば、自信も自然と育まれていくことでしょう。

ヨガ的エクササイズとは、このようなものでして、体を使うことで、心に働きかけるアプローチといえます。この連載では、すぐできて、快適なビジネスライフにつながるヨガ的エクササイズを紹介していきます。深く考えず、気楽に、自分に合うものをつまみ食いしていただければ、嬉しく思います。

ナマステ。

名言

PAGE
TOP