【経営キーワードクイズ】 ある要素の変動が結果にどの程度影響を与えるかを見る分析とは? 

正解はどれだ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題です!

企業は利益計画や予想を立てて活動を行いますが、近年は不確実性の時代。景気の悪化で顧客平均単価が下がったり、円が高騰したりと、何が起こるか分かりません。計画や予測を立てる際に、ある要素が予測値から変動した時、最終利益やキャッシャフローにどの程度の影響を与えるか、あらかじめ分析することを何という???

 

1. オプション分析
2. 変動分析
3. 柔軟度分析
4. 感度分析

19348310ff28d8badc458f5d6efc5781 e1422005048972

解答です!

正解は「4. 感度分析」でした。

感度分析のポイントは、いくつかの要素について行い、比較することです。そうすることで、最適な打ち手(施策)は何か、あるいは、どのような対策を講じるべきかに見当をつけるのです。例えば、為替変動が最終利益に大きな変動を及ぼすことが分かれば、為替リスクを回避する対策を優先的に講じるべきという経営判断を行います。

詳しい解説はこちら → MBA経営辞書「感度分析」

 

※本クイズはBPnetから転載し、GLOBIS知見録読者の方向けに再掲載したものです。

名言

PAGE
TOP