自分に気合いを入れるお薦め動画10本【ビジネスパーソン編】 

2015新春アーカイブ特集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆境下で自分を鼓舞し、周りを巻き込み、志を遂げた先達からの熱いメッセージに学び、2015年を軽快にスタートしよう。GLOBIS知見録 編集部による厳選動画10本をお届けします。まずは、ビジネスパーソン編5本から。あなたは、どの動画に学びますか?

■數土文夫氏×堀義人 / 変革を実現するリーダーシップ(あすか会議2012)

熾烈を極める国際競争の中で、企業を率いて戦うとはどういうことか。経営とは何か。リーダーシップとは何か。JFEスチールの初代社長として、川崎製鉄とNKKの経営統合を成功に導き、財界のリーダーとして、日本変革に取り組む數土文夫氏が、グロービス経営大学院生に贈るリーダーシップ論。

 

■JR九州・唐池 恒二氏×工業デザイナー・水戸岡 鋭治氏 / ななつ星をデザインする ~創造と変革のパートナーシップ~(あすか会議2014)

2013年10月、日本初のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」が運行を開始した。 「30億円の額縁」、日本版オリエント急行ともいわれる贅の極みを尽くした車輛。キャンセル待ちは6000件以上、国内外の観光客を魅了してやまないこの豪華列車は、JR九州の唐池社長と工業デザイナーの水戸岡鋭治氏の出会いから生まれた。「九州を輝かせる」という思いから、人を動かし、巻込み、熱狂の渦に巻き込んだ壮大なプロジェクトは、どのように生まれたのか。巨大企業の変革をどのように断行し、誰もが見たことのない風景をつくり出した創造と変革のパートナーシップに迫る。

 

■アフラック創業者・大竹氏 / ビジネスパーソンの気概とは  Part1  Part2  Part3  Part4

32歳のとき、米国でがん保険を専門とするアフラック社と運命的な出会いを果たした大竹氏。当時の日本では未開拓分野であったがん保険を日本に導入するため、自身が経営していた会社の権利を譲渡し、銀行から借金をして2年半の大蔵省との折衝の末に認可を獲得。日本初のがん保険を販売して38年の歳月を経た現在、同社は2182万件(2012年3月末日)の保有契約件数で「がん保険」においてトップの地位を確立している。しかし、32歳での運命的な出会いを果たすまで、大竹氏の人生は悩みと迷いの連続だったという。自らの経験を通して大竹氏が語る、自分を大きく伸ばすための日々の心構え、リーダーとして何を意識し、学び、行動すべきかなど、ビジネスパーソンの心構えの真髄。

 

■ネスレ日本 高岡浩三氏 / 逆境下のブランドバリューアップ戦略 Part1  Part2  Part3  Part4

140カ国以上で事業を展開、全世界で32万人にも及ぶ従業員は数百の人種から構成されている多国籍企業のネスレ。日本では、キットカットの「受験にきっと勝つ」キャンペーン、コーヒーシステム(ネスプレッソやネスカフェドルチェグスト)のヒットが記憶に新しい。昨今のデフレで多くの企業が苦境に立たされる中、ネスレ日本は、高岡氏のリードの下、そのブランドをさらに強靭にして業績を伸ばしてきた。その裏側には、どのような戦略や努力があったのか、また同社では多様な人材をどのようにマネジメントしているのか。高岡氏のリーダーシップの秘訣に迫る。

 

■小松製作所・日置正克氏 / コマツから学ぶグローバルで勝ち抜く組織づくり Part1  Part2  Part3  Part4

早くからグローバル市場に積極的にビジネスを展開し、現在も高収益をあげているコマツ。同社で海外拠点の立ち上げから人事として赴任し、現在は顧問を務める日置政克氏が語るコマツのグローバル展開の取り組みや、その中での人事のあり方。コマツはいかにしてグローバルで勝ち抜く組織を創り上げたのか。強さの源泉を人事の視点から考える。

名言

PAGE
TOP